色々な原因

関わりたくないというといった観点ではなく、汗水たらして自分を目に留めて内定の通知までくれた会社に対して誠意のこもったリアクションを努力しましょう。
Continue reading