細胞

お酒に含まれるアルコールを無毒化する働きのあるナイアシンは、不快な二日酔いに大変有効です。嫌な二日酔いの元凶物質だといわれているエチルアルデヒドという物質のクラッキングに携わっています。
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖分、細胞の生まれ変わりに必要となるタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこの2つに代表される活動を確保するために欠かせない重要な栄養分までも乏しい状態にする。
スギ花粉が飛ぶ1月〜4月の間に、幼いお子さんが平熱なのにしょっちゅうクシャミしたり水のような鼻水が止まる気配をみせない状況だったなら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れた約4週間後には、製薬市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わる薬品もあるほど、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は地球上で浸透しているのです。
車の事故や建築現場での転落など、非常に大きな圧力がかかった場合は複数個所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、他の臓器が負傷してしまうこともあり得ます。
今、若い世代で咳が続く結核に対しての免疫、すなわち抵抗力の無い人々が多くなったことや、自己判断のせいで診断が遅れることが原因のアウトブレイクや院内感染の発生頻度が高くなっています。
めまいは出ないのに、不快な耳鳴りと低音域の難聴を何度も繰り返すケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」という事例も多いようです。
春と秋に患者が増える花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツなどの花粉が素因となって、クシャミ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を起こしてしまう病気として知られています。
心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の中が狭まり、血流が途絶えて、栄養や酸素を心筋まで配達できず、筋繊維自体が壊滅状態になってしまう大変重い病気です。
脳内のセロトニン神経は、自律神経のメンテナンスや痛みのブロック、様々な覚醒などをコントロールしていて、うつ病(単極性気分障害)に罹患している人はその働きが落ちていることが明らかになっている。
グラスファイバーで作製されたギプスは、非常に丈夫で重くない上に耐久性に優れており、水に濡れても大丈夫という長所があり、いまのギプスの中でも定番です。
不整脈の期外収縮は、健康でも現れることがあるためさほど珍しい病気とは限りませんが、発作が幾度も繰り返して出るケースは危ないといえます。
いんきんたむしは20代〜30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があり、大抵は股間の辺りだけに拡大し、体を動かしたり、お風呂上りのように全身が温まった時に強い掻痒感を感じます。
AIDSとはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって引き起こされるウイルス感染症のことで、免疫不全を招いて些細な真菌などによる日和見感染やガンなどを複数発症する病状のことを指し示しているのです。
基礎代謝量というのは就寝中ではない状態で生命活動を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために必ず要る最も低いエネルギー消費量のことを指しています。