負担

バイ菌やウィルスなど病気を連れてくる病原体(病原微生物)が口から肺へ進入し伝染し、肺そのものが炎症反応を示している様子を「肺炎」と呼ぶのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無くなった後に発売されるもので、まったく同一の成分で負担が少ない(薬代が高くない)後発医薬品のことを指しています。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果において、大人に比べると体の小さな未成年のほうが放出された放射能の深刻な影響をより受けやすいことを痛感します。
汗疱状湿疹とは手の平や足裏、または指と指の隙間などに小さめの水疱がみられる症状で、広くはあせもと言われ、足裏にできると足水虫と勘違いされるケースもままあります。
ロックのライブの開催される会場やクラブなどに設けられた巨大なスピーカーのすぐ側で爆音を聞いて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼ぶのです。
肝臓をいつまでも健康に保ち続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が低下しないようにする、即ち、肝臓のアンチエイジング術を開始することが必要でしょう。
下腹部の激痛が主訴となる代表的な病気には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、女性特有の疾患等の病名が挙げられます。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、有害なUV-A波の極端な浴び過ぎがお肌に健康障害を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の男女が肌を黒くする日サロを使用することの禁止を強く先進国に勧めている最中です。
ブラッシングで、入居者さんがセラピーアニマルのことをすごく愛おしいと思った場合にオキトキシンが分泌されて、ストレスを減らしたり精神の癒しなどに繋がっています。
常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒がきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と一方は毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類に分けることができるのです。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を悪化させたり変異を誘発する悪影響を及ぼす物質を体の中で解毒し、肝臓の力をより強める性能が確認されています。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の中が狭くなってしまって、血流が途切れ、酸素や大切な栄養が心筋に送られず、筋肉細胞が壊死するという重い病気です。
眩暈がなく、不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を何回も繰り返すケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病」と診断するようなこともあるのです。
数あるギプスの中でも特にグラスファイバー製のものは、非常に強くて軽いのに長く使うことができ、雨などで濡れても使い続けられるという長所があり、今の日本のギプスの第一選択肢だと言っても過言ではありません。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンにかわって、平成24年9月以降は原則無料の定期接種になるため、集団接種ではなく病院などで接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の形に変わりましたのでご注意ください。