細胞

お酒に含まれるアルコールを無毒化する働きのあるナイアシンは、不快な二日酔いに大変有効です。嫌な二日酔いの元凶物質だといわれているエチルアルデヒドという物質のクラッキングに携わっています。
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖分、細胞の生まれ変わりに必要となるタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこの2つに代表される活動を確保するために欠かせない重要な栄養分までも乏しい状態にする。 Continue reading

ストレス

トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ機能がもっとも認識されていると思いますが、更に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりするということが確認されています。
バイキンやウィルスなど病気をもたらす微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺の中へ進入して罹患し、肺の内部が炎症を起こしてしまっている病状を「肺炎」と称しています。 Continue reading

行程

緊張型頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝りや首筋の凝りが要因の慢性頭痛で、「ギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「頭が重苦しいような頭痛」と言い表されます。 Continue reading

3つの係

大切な土地だから売りたくない、ランチのコンテンツや、そんな経験はないだろうか。注目を集めているのがバックアップや不動産投資を長年した、これから賃料での形態経営を考えてみようという皆様に、財産活用係の3つの係があります。
Continue reading

日本人

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体内の脂肪の溜まっている重さを指しており、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量÷体重×100」という式によって分かります。
パソコンの光のちらつきを抑える効果のあるレンズの付いた眼鏡がすごく人気を博しているのは、疲れ目の予防策にたくさんの方々が挑戦しているからだと思っています。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、精神的なストレス、加齢など複数の誘因が合わさると、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が低下したりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病に罹患するのです。 Continue reading

テーピング

クモ膜下出血は9割近くが脳動脈瘤と呼ばれる血管にできる不必要なこぶが破れる事が理由となって罹患してしまう大変恐ろしい病気として知られるようになりました。
ちょっとした捻挫と勝手に決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングで一応患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置を済ませたらすぐに整形外科の医師に診察してもらうことが、根治への近道となります。 Continue reading

服薬

酒類に含まれるアルコールを分解する効果を持つナイアシンは、不快な二日酔いに効果的です。苦しい宿酔の要因だといわれているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも関係しています。 Continue reading

1日3回

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、3〜4日くらい薬を飲めば、原則として90%近くの患者さんの自覚症状は治まりますが、イコール食道の粘膜の炎症自体が快癒したとは断言できないので注意が必要です。 Continue reading

マイクロホン

耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように他の人にも品質の高いマイクロホンを利用したりすると感じることのできるタイプの「他覚的耳鳴り」があります。 Continue reading

誘発

現代の病院の手術室には、便所や器械室、手術準備室を設け、オペ中に撮影するためのX線装置を付けるか、そうでなければ近距離にX線装置の専門室を用意しておくのが常識である。 Continue reading